中学受験WILLナビTOPへ

小学受験 WILLナビJr. 受験ファミリーを応援!!

 

特別コラム

私立小学校の学びの魅力とは何か小学校受験を上手に活用して「考える力」を育もう

桐朋小学校 中村博校長にインタビュー

 

私立小学校で学ぶことの意義や魅力はどこにあるのでしょうか。
明治時代の初期に設立された華族の子弟のための学校を源流にもつ
学習院初等科の酒井竹雄科長に初等科での学びの特色について伺いました。

私学は保護者の教育ニーズに きちんと応えることができる

──私立小学校で学ぶ意義はどこにあるのでしょうか。


学習院初等科 酒井 竹雄 科長

酒井 保護者の方は、どなたも良い教育を子どもに受けさせたいと考えているはずです。私立の学校には、それぞれ建学の精神や基本理念があり、その精神や理念に基づいた教育方針があります。英語に力を入れたり、国語を重視したり、芸術活動に可能性を見いだしている学校もあります。保護者や子どもの希望に沿った教育を受けられることこそが、私立小学校を選ぶ最大の意義だと考えています。
 また、子どもは、性格も能力も成長速度も様々です。高い学費を払っている分、丁寧なケアがなされていて、多彩な教育プログラムによって幅広い学びが可能になることも、私立小学校の魅力だと思います。


──学習院初等科には、どのような理念があるのでしょうか。

酒井 学習院は、華族の子弟が通う私立の学校から、官立の学校になり、戦前は「質実剛健」 を旨としていました。戦後、再び私立になり、その際に、安倍能成院長先生の「自重互敬」を掲げました。この言葉は、初等科生には難しいため、「正直と思いやり」と言い換えて指導するようになりました。
 戦前の「質実剛健」と戦後の「自重互敬」は、教育目標「真実を見分け、自分の考えを持つ子ども」の基になっています。ですから、現在でも、「質実剛健」と「自重互敬」(正直と思いやり)が、初等科の教育理念ということになります。
 また、現在初等科では、これらに加えて、「観察力」「予測力」「判断力」を高めて、「生きる力」が伸びていけるような指導をしています。


 

日本の伝統文化を重んじ ゆるぎない国語力をつける

──教育の特色は何でしょうか。

酒井 まずは、「日本人としてのアイデンティティ」を高める教育に力を入れていることです。その一環として、国語力を強化しており、全学年で書く力、読む力、話す力を伸ばす教育をしています。たとえば、オリジナルの「書き方プリント」があります。見本の美しい文字を、丁寧になぞったり、まねて書いたりする練習教材で、丁寧に文字を書く習慣が身につくことを狙っています。その結果、子どもは、次第に上手な文字が書けるようになっていきます。現在、文字はパソコンで入力する機会も増えていますが、書くことに力を入れているのは、国語の基本の一つだからです。
 国語のテキストもオリジナルです。初等科教員が作成した「文法学習」、初等科から大学までの教員がプロジェクトを組み作成した小学生、中学生、高校生向けのテキスト「話しかた・書きかた」を初等科では、6年間かけて学習しています。


──伝統文化を学ぶ機会も多いと伺っています。


学習院オリジナルの国語テキスト

酒井 教科教育や課外教育のなかで、伝統文化に触れる教育を行っています。たとえば、算数では和算を取り上げることもありますし、理科では「近光園」の畑で、江戸時代に栽培されていた内藤とうがらしや内藤かぼちゃの種を譲り受けて栽培しています。
 また、6年間通して、総合的な学習の時間で「さくら」の授業を展開しています。ここで、教科横断型の学びや、体験活動を伴う学びなどと並んで、日本の伝統文化を子どもの視点から探究的に学んでいます。4年生までは主管と呼ぶ担任が担当しますが、5・6年生は国語の専科教員が担当し、古典文学の名作を通して、美しい日本の言葉に親しみ、伝統文化を学ぶ機会になっています。


 

専科制度を導入し 児童を主体的な学びへと誘う

──教科教育は、専科制になっているのですか。


本館と広々とした校庭

酒井 教科を超えて学ぶことの楽しさを覚え、味わってもらうために、4年生までは、主管が複数の教科を教えています。1年生の場合、国語・算数・生活・道徳・さくらは主管、音楽・図工・体育・図書は専科教員が担当します。3年生からは、理科・英語・情報も専科教員が担当し、5年生になると、全教科が専科教員の授業となります。専科教員は、かなり高度な内容にまで踏み込んで教えています。
 私立小学校の多くは、従前から次期学習指導要領にある「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を実践してきました。ただ、こうした学びが効果を発揮するには、基礎・基本を押さえた学習が不可欠です。ですから、初等科では、基礎・基本を確実に押さえた上で、主体的・対話的な学びへとつなげていく教育を行っています。


──新学習指導要領ではプログラミング教育も始まります。

酒井 今やICTへの対応は不可欠ですから、3年生から情報の授業を行っています。パソコンを使った授業では、インターネットへの接続の仕方や、ワードやパワーポイントの使い方などを教えますが、専科教員はICTの専門家ですから、プログラミング教育にもしっかり対応しています。


──英語教育はいかがですか。

酒井 英語の授業のスタートは3年生です。1年生から英語を学ぶ学校と比べると、6年間の時間数は少ないかもしれませんが、初等科では国語の力をつけることを優先しています。国語の力はあらゆる教科を学ぶ基礎だからです。学習院は戦時中も、戦争が激化するまで英語を教えていた歴史があり、日本の伝統文化と同時に、海外に目を向ける英語教育にも力を入れてきました。その伝統を生かし、充実した英語教育を進めています。
 なお、2年後を目標に1~2週間程度の海外研修を行う計画があり、現在その検討を進めています。


多彩な校外学習と 充実した教育施設

──校外学習も充実しています。

酒井 1年生は葛西臨海公園に親子遠足、2年生は近郊へのバスや電車を使った遠足ですが、3年生になると、埼玉県秩父での宿泊学習になり、川の学習や河原の石などの自然観察を行っています。4年生は、2泊3日で千葉県鴨川の海岸に出かけ、磯の生物などを観察します。5年生は、岩手県花巻・八幡平に3泊4日で出かけ、農業体験や山の自然に親しむ活動を行います。6年生は、奈良・飛鳥へ出かけ、東大寺や法隆寺、唐招提寺など、日本の文化遺産に直接触れる学習を行っています。


──海で遠泳を行う校外学習もあるそうですね。


子どもの泳力に応じて500m、1km、2kmを
泳ぐ6年生の沼津海浜教育

酒井 6年生の沼津海浜教育です。学習院沼津游泳場で、子どもの泳力に応じて500m、1㎞、2㎞を泳ぐものです。教員だけでなく、卒業生や現役の学生で組織する「游泳会」の協力を得て、オール学習院で実施しています。まさに質実剛健を地で行く初等科にとって大切な教育です。
 5年生も、雪の学校と称して、スキーや雪国の生活を体験する校外学習があり、教科学習と合わせて、豊かな教養や人間関係の構築に役立っています。




──クラブ活動についてはいかがですか。


日本の伝統話芸を楽しむ「落語クラブ」

酒井 授業の一環として5・6年生が行うクラブ活動には、運動系と文化系あわせて15のクラブがあります。なかには、日本の伝統話芸を楽しむ落語クラブもあります。これとは別に、4年生から任意で所属できる「剣道」「合唱」「管弦楽」の特別クラブがあり、通常のクラブ活動と掛け持ちで参加している子どももいます。


──特色ある教育施設はありますか。

酒井 体育館に温水プールを完備していますが、このプールは深さを0㎝から140㎝まで自由に調整できます。0㎝にすれば通常の床になりますし、1年生の授業では、膝までくらいの深さに調節して水に親しめるようにしています。また、グラウンドはウレタン舗装、トラックは昨年秋に新しい人工芝に張り替え、低学年が遊ぶ遊具施設の地面は柔らかいスポンジ状にして、安全面に配慮しています。図書室は、蔵書数およそ3万冊、2クラス同時に学習できるスペースがあります。
 なお、初等科では、給食はすべて自前の厨房で作って提供しています。安全で旬な食材を使った食事で、栄養面はもちろん、食育にも力を入れています。


 

 

育ててほしい 観察力、記憶力、言語力

──最後に、保護者へのメッセージをお願いします。


140周年記念の人文字

酒井 冒頭で述べたように、私立小学校の教育理念や教育方針は多彩ですから、自分の子どもに合う学校、保護者の教育観に合う学校を、丁寧に探して受験されることを強く勧めます。くれぐれも名前だけで選ぶようなことだけは避けていただきたいと思っています。
 学習院初等科の場合も、やはり教育理念に賛同してくださる方に来ていただきたいと願っています。「質実剛健」と「正直と思いやり」は、子どもに対する教育理念だけでなく、保護者の方の生きる姿勢にも求められるものですから、学校選びの際にはぜひ参考にしてください。
 受験にあたって特別な準備は不要です。初等科の入試では、例年、「観察力」「記憶力」「言語力」が、その年齢なりに身についているかどうかを見る問題を出題していますが、これは、人間の普遍的な生きる力そのものだと思っています。ですから、入試対策としてではなく、普段の生活を通して、子どもの生きる力を伸ばすという意味で、これらを意識的に鍛えてくださると良いと思っています。


 

共学青山学院初等部

「かけがえのないひとり」を育む、個を生かす教育

共学開智小学校(総合部)

探究と異学年齢学級で「思いっきり遊び、じっくり学ぶ」

共学暁星国際小学校

せかいを広げる ことばを学ぶ

共学国立学園小学校/附属かたばみ幼稚園

自ら考え、自ら学び、自ら行動する子どもを育てる

共学啓明学園初等学校

広い視野のもと、豊かな人間性と独自の見識を持ち、世界を心に入れた人を育てる。

共学サレジオ小学校

自分が大切にされていると感じられる学校

共学淑徳小学校

共に生きて、共に活かしあう

共学菅生学園初等学校

「歩き・考え・学ぶ」を基本理念とする

共学精華小学校

人のおせわにならぬよう
人のおせわのできるよう

共学成蹊小学校

「自立」「連帯」「創造」の力を育む

女子聖心女子学院初等科

多様に、グローバルに、より良く生き抜く

共学成城学園初等学校

毎日発見!学習意欲を引き出す授業

共学西武学園文理小学校

英語のシャワーで世界に発信 “高き志”をもった真の「トップエリート」を育てます

共学清明学園初等学校

子どもの良さを見つける教育

共学洗足学園小学校

社会のリーダーの礎を築く

共学東京三育小学校

豊かな心と健やかな体、高い知性を バランスよく伸ばします

共学東京都市大学付属小学校

「高い学力」と「豊かな心」の育成

共学東星学園小学校

つよく あかるく しんせつに

共学宝仙学園小学校

豊かな情操と高い学力

女子立教女学院小学校

神の前に主体的に、自由に生きる